犬舎紹介

●ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ - WHITE SWISS SHEPHERD DOG

原産地: スイス
用途: 家庭犬、コンパニオン・ドッグ、注意深い番犬であり、子供に対しては特に友好的である。活発で従順な作業犬である。
沿革: アメリカ合衆国やカナダではホワイトのシェパード・ドッグが次第に明確な1犬種となった。 この犬種の初期の犬たちが1970年代初頭にスイスに輸入された。1966年3月5日合衆国で生まれた牡犬「ロボ」が、スイスにおけるこの犬種の祖先犬になったと考えられる。この牡の子孫がスイスのスタッド・ブック(LOS)に登録され、合衆国やカナダから輸入された他のホワイト・シェパード・ドッグの子孫も徐々に繁殖されていった。今日では純血犬種として数世代に渡って繁殖された多数のホワイト・シェパード・ドッグがヨーロッパ中にいる。そのため、 1991年6月以降、これらの犬たちは新犬種としてスイスのスタッド・ブック(LOS)の付録に登録された。
一般外貌: 堅固なつくりのシェパード・ドッグで、筋肉質で、サイズは中庸で、立耳で、被毛は中程度あるいは長毛のダブル・コートである。体?構成は長めである。骨格はほどよくしっかりしており、エレガントで調和のとれた外貌である
習性/性格: 活力があり、神経質ではなく、注意深く警戒心がある。見知らぬ者に対してはいくぶん控えめなこともあるが、けっして臆病だったり攻撃的であったりはしない。
・毛色: ホワイト。
サイズ: 体高 牡:60〜66p 牝:55〜61p 体重 牡:約30〜40kg 牝:約25〜35kg タイプの良いものは、僅かにオーバーサイズやアンダーサイズであっても失格とするべきではない。

(JKCより引用)

 

コールネーム: マリア

年齢: 歳

性別: メス

2012年12月29日生まれ

ホワイトシェパード ホワイトスイスシェパード
ホワイトスイスシェパード ホワイトスイスシェパード ホワイトスイスシェパード

 

●ボルゾイ - BORZOI

・原産地: ロシア
・用途: ハンティング・サイトハウンド、レーシング・ハウンド、コーシング・ハウンド
・沿革: ボルゾイは9世紀にも渡り、ロシアの文化と歴史に重要な役割を担ってきた。11世紀のフランスの年代記によると、キエフ大公の娘であるアンナ・イアロスラバ女史が、アンリ一世の妻としてフランスに渡ってきた時に3頭のボルゾイが連れて来られたと記されている。この犬種の所有者やブリーダーには皇帝や詩人など著名な人々が多かった。イワン雷帝、ピョートル大帝、ニコラス二世、プーシキン、ツルゲーネフである。有名な犬舎〈Pershinskaya okhota〉を持ち、著名なブリーダーであるニコライ・ニコラエビッチ大公、並びにディミトリ・ヴァウツェブ氏は多大な影響を与えている。19世紀末より、ボルゾイはヨーロッパやアメリカの最も大きな犬舎でも見られるようになった。
・一般外貌: 高貴な外見で、大型で、細く引き締まり、同時にがっしりしており、ごく僅かに引き伸ばされたような体躯である。通常牝は牡よりも長い。丈夫な骨格構成だが、重量感があるわけではない。骨はどちらかというと平らである。筋肉は引き締まり、よく発達している。特に腿の筋肉が発達しているが、過度ではない。体躯構成と動きの調和が最も重要である。
・習性/性格: ボルゾイは日常生活の中で、静かで、バランスの取れた性格を有している。獲物を見つけると、突然興奮する。鋭い視覚を有し、かなり遠くまで見ることができる。反応も激しい。
・毛色: ブルーとブラウン(チョコレート)とこの色調の毛色を除いた、あらゆる毛色の組み合わせが許容される。 上記に示した全ての毛色は単色でもパイドでも許容される。フリンジや<ブリーチ>、尾の飾り毛は地色よりもかなり明るい。上掛けの毛色についてはブラック・マスクが典型的である。
・サイズ: 理想体高 牡:75〜85cm 牝:68〜78cm 牡においては、体高は尻の最高点から地面までの長さと等しいか、それより僅かに高い。牝においては、これらの体高は等しい。上限を越えている犬も、本犬種のよいタイプであれば、許容される。

(JKCより引用)

コールネーム: リーラ

年齢: 歳

性別: メス

2013年7月11日生まれ

ボルゾイ ボルゾイ
ボルゾイ ボルゾイ ボルゾイ

 

●ドーベルマン - DOBERMANN

・原産地: ドイツ
・用途: コンパニオン、警備犬及び作業犬
・沿革: ドーベルマンは最初の繁殖者、フリードリッヒ・ルイス・ドーベルマン(1834.1.2〜1894.6.9)の名がつけられたドイツの犬種である。 彼は収税人で、屠畜解体業者であり、またパート・タイムで犬の保護員をしていたと言われていた。彼は捕獲した犬の中から特に際立ったものを交配させた。俗にいう「屠畜解体業者の犬」は当時すでに比較的純血であると考えられており、ドーベルマンの作出において極めて重要な役割を果たした。これらの犬はロットワイラーの初期のタイプであり、錆色の赤い斑をもつ黒い犬で「チューリンゲン」にいたシェパードのタイプがいた。ドーベルマン氏は1870年代にこの混血種を交配させた。彼の犬種は、警戒心があるばかりでなく、非常にすぐれた護衛犬および家庭犬であった。しばしば警備犬、警察犬として使用され、警察犬としての広範囲にわたる使用から「Gendarmedogs(訳注:地方治安警察官犬)」のニックネームがつけられ、20世紀の初めにはドーベルマンは警察犬として正式に認められた。 ドーベルマンは中位のサイズで、力強く、筋肉質な犬であることを求められ、また優雅で高貴でなくてはならず、それはボディラインをみれば明らかとなる。こ とのほか、コンパニオン、警護及び作業犬に適しており、同様に家庭犬としてもふさわしい。
・一般外貌: ドーベルマンは中型で、頑丈で筋肉たくましい体躯である。ボディは優雅なラインを描き、自信に満ちた姿勢、及び確固とした表情をした理想的な犬である。

・習性/性格: ドーベルマンの気質は友好的で、穏やかである。家族に非常に忠実で子供を愛する。中庸な気性と鋭敏さ(警戒心)が望まれる。ある程度、感情を抑えられる犬であることが、主人と良い関係を築くのに必要である。訓練しやすく、ドーベルマンは作業を楽しみ、また十分な作業能力をもち、勇敢であり強健さがある。特に自信に満ち、恐れをなさないことが必要であり、また社会環境への適応能力も同様である。
・毛色: ブラック又はブラウンで、赤褐色の明確で完全な斑がある。マズルのマーキング、両頬の斑、眉上の2つの斑、喉の斑、前胸に2つの斑、中手、中足、足、大腿と腕の裏側及び尾の下に見られる。ブルー、イザベラは好ましくない。
・サイズ: 体高 牡:68〜72cm 牝:63〜68cm 牡牝とも中位のサイズが好ましい。 体重 牡:約40〜45kg 牝:約32〜35kg

(JKCより引用)

コールネーム: サリ

年齢: 歳

性別: メス

2010年7月25日生まれ

ドーベルマン ドーベルマン
ドーベルマン ドーベルマン ドーベルマン

 

●トイプードル POODLE

・原産地: フランス 用途 家庭犬、愛玩犬
・沿革: 非常に古くからヨーロッパ大陸の各地にいたようで原産地を特定するのが困難なくらいだが、フランスで人気化したことからフレンチ・プードルというような呼び名もある。ドイツから移入された水辺の猟を得意とする犬が先祖犬といわれている。16世紀ごろからフランスの上流階級の婦人に愛されるようになってミニチュア・サイズのプードルが作出された。ルイ16世(1754年〜1793年)の時代にはトイ・プードルも作出されており、他の国にも知られるようになった。南欧のウォーター・ドッグ(水中作業犬)との混血説もあり、この犬は作業を容易にするため被毛の一部分を刈りとる習慣があった。プードルはカモ猟に使用され、獲物の運搬を得意としたことからカットがほどこされ、次第に美的な要素が加味されて今日のクリップに発展した。
・一般外貌: 優雅な容姿、気品に富んだ風貌を備え、スクエアの体構でよく均整がとれている。慣例上の刈り込みによって、一層プードル独特の高貴さと威厳をたかめている。プードルの特色であるクリップによって、多少の外貌表現に差を見るが、表現は知的であり、より優雅で気品を発揮しなければならない。
・習性/性格: 利口、活発、従順で、しかも活動的な動作を示す。
・毛色: きれいな一色毛であることを理想とし、ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどがあり、同色内の濃淡がある。カフェ・オ・レ色はブラウン系色の中に含まれる。
・サイズ
体高
スタンダード・プードル 45cm〜60cm。+2cmまで許容される。スタンダード・プードルはミディアム・プードルをそのまま拡大・伸展したものとし、ミディアム・プードルと同一の特徴を有していなければならない。
ミディアム・プードル 35cm〜45cm。
ミニチュア・プードル 28cm〜35cm。このサイズのプードルはミディアム・プードルを縮小した外貌と類似し、比率は可能な限りミディアム・プードルの比率を維持し、ドワーフィズム(矮小発育症)のいかなる兆候も呈してはならない。
トイ・プードル 24cm〜28cm(理想は25cm)。-1cmまで許容される。トイ・プードルはミニチュア・プードルの外貌と類似し、全体的な比率も同一であり、ミニチュア・プードルのスタンダードのすべての必須要件に適合するものとする。ドワーフィズム(矮小発育症)が見られるものは全て失格となるが、オクシパットの隆起に限ってはそれほど目立たなくてもよい。

(JKCより引用)

コールネーム: ルル

年齢: 歳

性別: メス

2010年5月30日生まれ

トイプードル トイプードル
トイプードル トイプードル トイプードル

コールネーム: マシュ

年齢: 歳

性別: オス

2012年7月17日生まれ

トイプードル トイプードル
トイプードル トイプードル トイプードル

produced by 鶴が丘パソコンサービス